Top > 翻訳・通訳の資格試験

翻訳・通訳の資格試験


テクニカル文書に幅広く対応するビジネスや技術専門用語を収録した英日・日英翻訳ツール。【送...

 

翻訳や通訳の仕事に携わるためには、絶対に資格が必要というわけではありませんが、やはり「資格試験」を受けておくと、翻訳や通訳の仕事をする上で有利になります。

翻訳や通訳の資格試験の代表的なものは、やはり英語を扱うものなので、以下、英語の資格試験について述べます。

翻訳の資格試験としては、「翻訳技能認定試験」「翻訳実務検定(TQE)」などがあります。それに加え、英検やTOEICなどの「英語検定試験」の級やスコアがあると、雇用者や取引先があなたの翻訳の能力を測る基準になります。そもそも翻訳は、それなりの英語力がないと仕事になりませんから、自分の英語力の数値化という意味でも、こうした試験は受けておいて損はないでしょう。

通訳の資格試験としては「通訳案内士(ガイド)試験」「通訳技能検定試験」などがあります。こちらもTOEICなどのスコアがあればさらに有利になるでしょう。

 サンタクロース  アロマテラピー  がん治療  激安旅行
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
翻訳ソフト(2009年8月20日)
翻訳ビジネス(2009年8月20日)
ビジネス翻訳(2009年8月20日)
翻訳・通訳の資格試験(2009年8月20日)
翻訳・通訳の資格試験の必要性(2009年8月20日)